maybe next time

どこかで君の声が聴こえた

不知何处似乎听见你的声音

そんな気がした青い空

隐隐察觉 那片蓝天

手の届かない

是伸手也触碰不到的

思い出の向こう側

回忆彼方

君を乗せたあのバス

你乘坐的那辆巴士

陽が沈んだ海岸線を

沿着夕阳西下的海岸线

ゆっくり走りながら

悠悠行驶着

やがて影の中に消えた

终于消失在阴影当中

僕がもっと大人だったら

那时我若更加成熟

腕を掴み引き止めただろう

就能握紧手臂挽留住你了吧

見送るのがやさしさだと

却目送你离去

勘違いをしていた

误当作了温柔

星が見えるまでここにいた

在星辰浮现之前我徘徊于此

サヨナラの停留所

在这离别的停靠站

打ち寄せる波音の数くらい

如浪花拍岸的涛声渐渐平息一般

途方にくれて

我仿佛日暮途穷

恋は いつまでも いつまでも

恋爱 总是 总是

遠い彼方 眩しくて

耀眼闪烁在遥遥彼方

暗くなるまで時間がかかった

在天黑之前那度秒如年的

インターミッション

幕间休场

確かに君を愛してたんだ

确实曾经深爱着你

不器用なほど正直に

笨拙的我 实话说

夢のその中で

在梦中

何度も後悔した

不知多少次懊悔莫及

夏が来ると何となく

夏天来临后不知为何

この海へ来てしまうのは

来到了这片海边

偶然 会えるような

或许能偶然遇见你

甘く淡い期待してるのかな

是因为如此天真地淡淡期待着吗

僕はやっと大人になり

我终于蜕变成熟

今だったら引き止めるだろう

现在的话能挽留住你了吧

手放してはいけないもの

绝对不可以松手

もう わかっているんだ

如今已经刻骨铭心

星が見えるまでここにいた

在星辰浮现之前我徘徊于此

サヨナラの停留所

在这离别的停靠站

打ち寄せる波音の数くらい

如浪花拍岸的涛声渐渐平息一般

途方にくれて

我仿佛日暮途穷

恋は いつまでも いつまでも

恋爱 总是 总是

遠い彼方 眩しくて

耀眼闪烁在遥遥彼方

暗くなるまで時間がかかった

在天黑之前那度秒如年的

インターミッション

幕间休场

太陽 沈んだら

太阳落下之后

記憶は星座になって

记忆会化为星座

悲しみなんて消えるはず

悲伤就能烟消云散

そう思っていたのに…

明明原本如此以为

陽が沈み 暗くなり

日落了 天黑了

星空になるまでに

直到星空浮现之前

僕たちは大切な何かを

我们将无比重要的什么

置き忘れてる

遗忘在这里

ほんの 一瞬と思ってた

真的仅是 我以为的那么一瞬间

その時間の隙間には

在那时间的间隙里

もう戻れない運命のような

却已渡过再也回不去的命运般的

インターミッション

幕间休场


评论

© ZANG ! | Powered by LOFTER